目を鍛えるトレーニング術

ビジョントレーニングにチャレンジ!!

目の見る能力「視覚機能」を高めるためのトレーニングである「ビジョントレーニング」。情報豊かな視界を悩むことなく楽しむためのビジョントレーニングをおすすめします!

「ビジョントレーニング」

ビジョントレーニングは、目の見る能力「視覚機能」を高めるためのトレーニングで、静止視力(止まっている状態で止まっているものをみる視力)や、見たいものに合わせてすばやく眼球をうごかす能力、いわゆる「スポーツビジョン」を鍛えるのにも有効です。

「スポーツビジョン」

「スポーツビジョン」は、スポーツを行う時に必要とされる視覚機能の総称で、8種類に分けられます。

  • 静止視力(止まっているものを見る視力)
  • KVA動体視力(前後にまっすぐうごくものを見る視力)
  • DVA動体視力(横にまっすぐうごくものを見る視力)
  • 眼球運動(眼球をすばやく、正確にうごかす能力)
  • 瞬間視(瞬間で多くの情報を見る能力)
  • コントラスト感度(色の明るさを正確に見る能力)
  • 深視力(正確に距離を見る能力)
  • 目と手の協応動作(目で見たものにすばやく反応する能力)

ビジョントレーニングで目の筋肉を鍛えることでスポーツビジョンは成長していきます。

視力は子どもであるうちに、大人とほぼ同じくらいまで発達します。また、20歳ごろに視力はピークをむかえ、そのあとは衰えていきます。

情報豊かな視界を悩むことなく楽しむためにも、スポーツ選手だけでなく、子どもや大人にも、ビジョントレーニングをおすすめします。

メノコトビジョントレーニングを始めよう!

まずはメノコト365の人気シリーズ、メノコトビジョントレーニングシリーズ1回目「数字さがし-丸に入る数字50を追ってみよう-」に取り組んでみましょう!

▼ダウンロードする場合はこちら▼

ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「数字さがし-丸に入る数字50を追ってみよう-」

大きさが違う丸の中の数字を順番に追う「数字さがし」は、ジャンプするように目をうごかして数字をさがす、初心者でも簡単なトレーニングです。

【ビジョントレーニング注意事項】
・目に病気がある方、また気になる方は、眼科を受診してビジョントレーニングを行うことが可能かどうか医師に確認してください。
・遠視、近視、乱視などがありメガネなどで矯正する必要がある場合は、矯正を行ってからトレーニングを始めてください。
・トレーニング中に目の痛みを感じた場合はトレーニングを中止して、眼科を受診してください。

数字を探し、見つけたら指でタッチ!

トレーニング方法

いろいろな大きさの丸で囲まれた1~50の数字がランダムに書かれています。

この1~50の数字を、1から順番に頭をうごかさず目だけで追っていき、90秒間でいくつタッチできるかチャレンジしてみましょう!

結果の目安

最初からすべてタッチできなくても大丈夫。繰り返しやることで、どんどんタッチできる数字が増えて、きっとクリアできるようになりますよ!

初めてのチャレンジから全部見つけられる人は、さらに速くタッチできるように繰り返しトレーニングをして、タイムを記録してみてくださいね。家族や友達と競争してみても楽しいかも。

トレーニングのポイント

頭をうごかさないこと!!

初級の数字さがしは、丸と数字の大きさが違うだけです。慣れてしまえば簡単に目で追えるようになるはずです。速くできるようになっても、頭をうごかしてはいけません。頭をうごかしてしまうと、目のトレーニングになりません。

広く、全体を見よう!

初級は数字と数字の間隔があいているので見つけやすいのですが、近くの数字ばかりを探さないようにしましょう。広い視野で全体を見ながら、目の筋肉を大きくうごかすことを意識しましょう。

リラックスしてトレーニング!

一生懸命になるあまり、肩に力が入ったり、息を止めていたりしませんか?まずは肩の力を抜いてリラックス、身体や目の筋肉が緊張しないようにするほうが目の運動に効果があるといわれています。

跳躍性(ちょうやくせい)眼球運動で鍛えられるのは?

「跳躍性(ちょうやくせい)眼球運動」とは、ある1点から別の1点まで、ジャンプするように目をすばやくうごかす運動です。丸の中に入った1から50までの数字をすばやく追う「数字さがし」の目の動きが、それにあたります。

生活の中では、文章を読む時や、スポーツで速いボールを目で追う時に使う能力です。

初級は丸と数字の大きさが違うだけですが、1から50までの視覚情報から必要なものだけを選びとる能力も必要になります。ビジョントレーニングで「跳躍性(ちょうやくせい)眼球運動」の力を少しずつ育てていきましょう!

繰り返しトレーニングしよう!

跳躍性眼球運動初級 空欄シート

▼ダウンロードする場合はこちら▼

ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「数字さがし-丸に入る数字50を追ってみよう-」

1回チャレンジしてやめてしまうのではなく、毎日続けるからこそ目の筋肉は鍛えられます。ビジョントレーニングの継続を意識しましょう。

同じ数字の配置を毎日やっていて飽きてしまう人は、数字なしのシートをプリントアウトして自分で数字を書き入れてトレーニングしてみてください。数字は家族や友達に入れてもらってもいいですね。

 

メノコトビジョントレーニング「数字さがし」に取り組んでみて、いかがでしたか? ジャンプするように目をうごかすのは、難しかったでしょうか?

初級を繰り返し行うことで文章をスムーズに読めるようになったり、ボールを目で追いやすくなったりといった変化を感じられるかもしれません。ぜひ、続けてみてくださいね。

 

■すべてのビジョントレーニングシリーズにチャレンジしたい方はこちら
ビジョントレーニング無料プリント・ドリル教材

■「跳躍性眼球運動初級」にチャレンジしたい方はこちらもチェック
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「ひらがな表-声に出して読もう-」
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「目のジャンプ-はなれた数字を追いかけて-」
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「カタカナ表-枠の中の穴あき文字を声に出して読もう-」

■「跳躍性眼球運動中級」にチャレンジしたい方はこちらもチェック
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「数字さがし-5種類の図形に入る数字50を追ってみよう-」
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「同じ文字さがし-『め』を数えよう-」
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「仲間さがし-2桁の数字から同じものを探そう-」

■「跳躍性眼球運動上級」にチャレンジしたい方はこちらもチェック
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動上級「数字さがし-複雑な形の数字50を追ってみよう-」

■「ビジョントレーニングをもっと学びたい方」はこちらもチェック
ビジョントレーニングの方法・やり方「基本の5種類から始めてみよう!」
子どもから大人まで!事例から考える、ビジョントレーニングで期待できる効果
発達が気になる子どもにビジョントレーニングが有効な理由を北出勝也先生に聞いてみた

※ 本サイトにおける各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【画像】
ビジョントレーニングシート:監修 北出勝也先生

この記事が役に立った・ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをお願いします!

この記事を書いた人

メノコト365編集部

目の健康に関するあらゆる情報を発信しています。子どもたちが健やかな目で生活できるように、小さなうちから正しい健康習慣を身につけてもらうための健育イベントを開催するなど、目の健康について意識を高めるきっかけになることを願い様々な活動をしています。

こちらの記事もおすすめ