目に良い食べ物・栄養素と調理法

野菜嫌いでも食べられる「かぼちゃのシフォンケーキ」で紫外線対策

シフォンケーキ

今年も暑い夏ですね。
そこで気をつけていきたいのが、紫外線対策です。
皆さんは、どんな対策を行っていますか?

紫外線はビタミンDの活性化や殺菌など良い働きもある反面、浴び過ぎた場合はからだのいたるところに影響を及ぼすので注意が必要です。
紫外線によるダメージの予防には、緑黄色野菜に多く含まれる「ルテイン」が最適!
そこで今回は、「ルテイン」を摂取できる簡単でおしゃれなレシピを紹介します。

ルテインとは

ルテインとは、「カロテノイド」という栄養素の一種で、抗酸化作用を持つ黄色の天然色素です。
紫外線やブルーライトなどの有害な光を吸収し、またそれらの光によって発生する活性酸素を除去したり、過剰な発生を抑えたりするという役割を担っています。

ルテインは体内で作ることができないため、普段からルテインを豊富に含む食品を食べることが大切です。
食べ物からルテインなどのカロテノイドを摂ることにより、しっかりと体内にルテインを蓄積することが明らかになっています。

今回は緑黄色野菜のかぼちゃを使った簡単レシピを紹介していきます。

【かぼちゃのシフォンケーキ】

材料(17cmシフォン型1台分)

A(ボウル中)
卵黄 4個
グラニュー糖 30g
サラダ油 30g
牛乳 50g
かぼちゃ 150g
米粉 70g
ベーキングパウダー 4g
B(ボウル大)
卵白 4個
グラニュー糖 30g

作り方

1.かぼちゃは洗って皮をむいて、種とワタを取り除きます。
2.かぼちゃは一口大に切ってラップをし600Wのレンジで5分加熱して潰します。
3.オーブンは170度に加熱しておきます。
4.Aのボウルに、卵黄とグラニュー糖を混ぜて白っぽくなるまでしっかりとよく混ぜ、潰したかぼちゃ、サラダ油、牛乳を加えて混ぜます。
5.Bのボウルに卵白を入れ、最初少し泡立てます。
グラニュー糖を2~3回に分けて入れ、しっかりとしたメレンゲを作ります。
6.Aに薄力粉、ベーキングパウダーをふるい入れ、混ぜ合わせます。
7.Aの中身をBに数回に分けて加え、 ゴムベラで切るように混ぜ合わせ、
型に流し込みます。
8.170度に予熱しておいたオーブンで40分程度焼きます。
9.焼けたら逆さにして冷まします。
10.冷めたら型から外して、お好みの大きさに切って完成です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ルテインは脂溶性のため、脂質と一緒に摂ることでルテインが油に溶け込み、吸収が良くなると考えられています。
野菜嫌いの方でも食べることができる「かぼちゃのシフォンケーキ」で内側から紫外線対策を行いましょう。

栄養表示
エネルギー:1519kcal
タンパク質:34.9g
脂質:87.8g
炭水化物:137.7g
食物繊維:4.6g

この記事が役に立った・ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをお願いします!

この記事を書いた人

メノコト365編集部

目の健康に関するあらゆる情報を発信しています。子どもたちが健やかな目で生活できるように、小さなうちから正しい健康習慣を身につけてもらうための健育イベントを開催するなど、目の健康について意識を高めるきっかけになることを願い様々な活動をしています。

こちらの記事もおすすめ