目の症状や病気と予防・治療法

目から日焼けするって本当?

紫外線を気にする女性

夏本番が近づき、暑さが増すとともに増えるのが、太陽から降り注ぐ紫外線。

対策はばっちり!と思っている方に質問です。「目から入る紫外線でお肌が日焼けしてしまう」こんな話を聞いたことはありませんか?

スキンケアは万全でも、うっかり忘れがちな目のケア。実は目から入った紫外線がお肌に影響を及ぼしてしまうのです!今回は意外と知られていない、お肌と目と紫外線の関係についてご紹介します。

そもそもお肌と紫外線の関係は?

UV-A波とUV-B波の違いとお肌への影響

地上に届く9割紫外線の中でを占めるのが「UV-A波」。波長が長く、窓ガラスなども透過してお肌に到達するため、ゆっくりとシワを引き起こし、肌を黒くさせます。

一方波長が短いものが「UV-B波」。屋外での日焼けの原因になります。すぐに肌が赤くなったり、メラニンを作ってシミや色素沈着の原因となるのはUV-B波です。

日傘や日焼け止めクリームを使用してしっかりとスキンケアをすることが大切ですが、お肌だけをケアしても、知らず知らずのうちに目から入った紫外線がお肌の日焼けやシミ・色素沈着の原因になり得ることもあるのです!

目と紫外線の関係は?

太陽の光を浴びて眩しそうに見上げる女性

目から紫外線が入り込むと、その紫外線は脳に伝わり、肌に紫外線が当たったときと同じように体内に「メラニン」を出す指令を出します。これは体が防御反応を示しているからです。

「メラニン」はお肌を防御する働きがありますが、その生成量が多すぎるとシミやそばかすの原因になります。

お肌に紫外線が直接当たらないようにしていても、目から入ってきてしまうとその対策の苦労も台無し…。

万全の紫外線対策のためには、お肌と目の両方のケアが重要ということですね。

当然、目から入った紫外線は目にも影響を及ぼし、充血・涙目・痛みなどの症状が現れる「紫外線角膜炎」といった状態になることもありますので注意が必要です。

紫外線から目とお肌を守るために

紫外線から目を守るには、内側・外側どちらか一方だけでは不十分です。ダブルケアでガードしましょう!

外側から守る

日傘をさす:白よりも黒っぽいものの方がより効果的です。

サングラス:濃い色のものは、眩しさが軽減されるものの瞳孔が開いてしまい、紫外線が入りやすくなるため、紫外線対策には色の薄いものがおすすめです♪

内側から守る

色とりどりの緑黄色野菜

ルテイン:緑黄色野菜などに多く含まれ、紫外線だけでなくブルーライトなどの有害な光からも目を守ってくれる働きがあることから「天然のサングラス」と呼ばれています。もともと目に多く存在していますが、加齢によって減少し、体内で作りだすこともできない成分のため、普段の食事などから積極的に補うことが大切です。

ルテインについて詳しく知りたい方はこちら!▶わかさの秘密

アスタキサンチン:鮭やいくら等に含まれるオレンジ色の色素成分です。からだのサビつきのもととなるダメージからひとみを守ってくれる働きがありますのでぜひ、目の健康にお役立てください!

お肌や目の健康のためには、外側・内側両方からの紫外線対策がおすすめです。

ケアはしっかりと続けることが大切ですので、ご自身の生活スタイルや環境に合わせて実践してみてくださいね♪

参考

気象庁HP:https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-40uv.html

雲と紫外線:https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-73uvindex_mini.html 

公益社団法人 日本皮膚科学会HP:https://www.dermatol.or.jp/qa/qa2/index.html

 

この記事が役に立った・ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをお願いします!

この記事を書いた人

メノコト365編集部

目の健康に関するあらゆる情報を発信しています。子どもたちが健やかな目で生活できるように、小さなうちから正しい健康習慣を身につけてもらうための健育イベントを開催するなど、目の健康について意識を高めるきっかけになることを願い様々な活動をしています。

こちらの記事もおすすめ