目を鍛えるトレーニング術

ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「仲間さがし-大きさがバラバラの動物を見つけられるかな-」

メノコトビジョントレーニングシリーズの26回目は、ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「仲間さがし-大きさがバラバラの動物を見つけられるかな-」です。

▼プリント用にPDFとしてダウンロードする場合はこちら
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「仲間さがし-大きさがバラバラの動物を見つけられるかな-」

ウサギ、ゾウ、パンダなど、さまざまな種類の動物のイラストが並んでいます。この中から選んだ動物と同じイラストを探していくトレーニングです。動物の大きさや色が違うので、難易度がアップしていますよ。

【ビジョントレーニング注意事項】
・眼に病気がある方、また気になる方は、眼科を受診してビジョントレーニングを行うことが可能かどうか医師に確認してください。
・遠視、近視、乱視などがありメガネなどで矯正する必要がある場合は、矯正を行ってからトレーニングを始めてください。
・トレーニング中に眼の痛みを感じた場合はトレーニングを中止して、眼科を受診してください。

 

トレーニングの基本「選んだ動物を探そう」

トレーニング方法

ワークシートには、イヌ、ネコ、ウサギ、ゾウ、パンダの5種類の動物が描かれています。この中から1種類の動物を選び、探していくというトレーニングです。

動物の大きさが少しずつ違いますが、動物の形は同じなので間違えないように見つけていきましょう。

どれくらいできるかの目安

早くできても間違ってしまってはトレーニングになりません。スピードよりも動物の違いを見極めることを重視します。「イヌならイヌ」「ネコならネコ」、見落としのないよう、全部見つけることを意識してくださいね。

やってみよう!「イラストを見分けることができるかな?」

1.トレーニングの前に何の動物か確認

小さな子どもがチャレンジする場合、「これはイヌ」「これはパンダ」など、ワークシートのイラストがそれぞれどの動物であるか確認してから始めましょう。

2.動物を1種類選んでからスタート

まずは、どの動物を探すか1種類選びます。今回は「ウサギ」のイラストを探していくことにしましょう。

3.どこから探す?ウサギを見つけて◯で囲もう

どこからスタートしてもいいので、ウサギを見つけたら◯で囲んでください。長い耳が特徴的なウサギなら、すぐに見つけられるかな?

4.ウサギを全部囲んだら、見落としがないか最後にチェック!

ウサギを何匹囲むことができましたか? 大きいウサギ、小さいウサギ、見落としがなかったか確認できたら終わりです。

▼すべてのビジョントレーニングシリーズ
ビジョントレーニング無料プリント・ドリル教材

ポイント・コツ「頭を動かさず目だけを動かして探そう」

動物を探そうと一生懸命になると、つい頭も動いてしまうかもしれませんが、それではビジョントレーニングの効果が薄れてしまいます。目のトレーニングなので、目だけを動かしながら探すよう意識してくださいね。

視空間認知のトレーニングもできる「仲間さがし」

動物を目で追うのは、跳躍性眼球運動です。その中から決められた動物を探すというのは、動物の特徴を見分けているということ。これは「視空間認知」のトレーニングになります。

視空間認知とは、目で捉えた映像が脳に送られ、それが何であるかを認識するチカラのことをいいます。形や色を把握したり、仲間を見分けたりするのも、この働きによるもの。例えば「よ」と「ょ」が同じ文字であると認識できるのもこの働きがあるからです。

この働きが弱いことで、人の顔を覚えるのが苦手になっている場合があります。また、図形の問題が苦手だったり、文字を覚えるのが苦手だったりすることもあります。気になる方は、意識してこのトレーニングをするといいかもしれませんね。

選ぶ動物を変えて毎日チャレンジ!

このワークシートには5種類の動物が描かれているので、毎回探す動物を変えるだけで、新鮮な気持ちでチャレンジできるのではないでしょうか。

また、1種類だけでなく、一度に探す動物を2種類、3種類と増やしていくと、難易度をあげてチャレンジすることもできます。例えば、「イヌとゾウ」「ネコとウサギとパンダ」などのように。その場合は、イヌは◯、ゾウは□と囲む記号を変えましょう。そうすることで、動物の違いをきちんと認識しながらトレーニングすることができますよ。

跳躍性眼球運動と視空間認知、両方を鍛えることができる、このビジョントレーニング。ぜひ毎日続けてくださいね。

 

■すべてのビジョントレーニングにチャレンジしたい方はこちら
ビジョントレーニング無料プリント・ドリル教材

■「跳躍性眼球運動初級」にチャレンジしたい方はこちらもチェック
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「仲間さがし-同じ動物を見つけられるかな-」
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「ひらがな表-声に出して読もう-」

■「跳躍性眼球運動中級」にチャレンジしたい方はこちらもチェック
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「文字さがし-3種類の図形に入るカタカナをタッチ-」
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動中級「カタカナ表-枠の中の小さな文字を声に出して読もう-」

■「跳躍性眼球運動上級」にチャレンジしたい方はこちらもチェック
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動上級「仲間さがし-4桁の数字から同じものを探そう-」
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動上級「数字さがし-複雑な形の数字50を追ってみよう-」

 

※ 本サイトにおける各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【画像】
眼球運動トレーニングシート:監修 北出勝也先生

2020年1月北出勝也先生の新刊『米国ビジョントレーナーが教える 眼を動かすだけ1分間超集中法』が発売されました。

この記事が役に立った・ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをお願いします!

この記事を書いた人

戸田 友里

わかさ生活プロアドバイザー。お客様の健康相談対応をはじめ、一人でも多くの人に目の健康に関する正しい情報を伝えたいと、Webや紙面で発信する活動を行っています。

こちらの記事もおすすめ