目を鍛えるトレーニング術

【初級編】無料でできるビジョントレーニングをご紹介!

みなさんは『ビジョントレーニング』という言葉を聞いたことがありますか?

ビジョントレーニングは、アメリカで開発された視覚機能、つまり「見る力」を高めるトレーニングです。
最近では日本でも、アスリートのトレーニングや子どもの療育などに利用されています。

そこで今回は、ビジョントレーニングを試してみたい人に、インターネット上で見ることができ、家でも気軽に試すことができるメノコト365の「無料プリント、ドリルの教材」を紹介します。

 

【ビジョントレーニング注意事項】
・眼に病気がある方、また気になる方は、眼科を受診してビジョントレーニングを行うことが可能かどうか医師に確認してください。
・遠視、近視、乱視などがありメガネなどで矯正する必要がある場合は、矯正を行ってからトレーニングを始めてください。
・トレーニング中に眼の痛みを感じた場合はトレーニングを中止して、眼科を受診してください。

 

ビジョントレーニングってどんなことをするの?

アスリートも取り入れているビジョントレーニングを試してみたい。
でも、そもそもビジョントレーニングってどんなことをするんだろう?

そんな疑問を持っている方に、まずは、ビジョントレーニングとはどんなものかを簡単にご説明します。

視覚機能を鍛え、総合的な「見る力」をアップ!

ビジョントレーニングは視覚機能を鍛えることができます。
視覚機能とは
1、入力:対象を目でとらえる
2、情報処理:それが何か判断する
3、出力:判断に沿った行動をとる

これらのすべてが視覚機能になります。

例えば、あなたにむかってボールが飛んできたとしましょう。あなたはきっと
1、飛んできたボールを見て(入力)
2、ボールの大きさや飛んでくるスピード、高さなどを判断して(情報処理)
3、よける/キャッチする(行動=出力)

という順番で動くはずですよね。

ビジョントレーニングは、この一連の入力・情報処理・出力の動作を鍛えることにより、「集中力」「書く力」「読む力」「運動力」「イメージ力」の5つの力をアップすることを狙ったものです。

 

具体的なトレーニング方法

追従性眼球運動(ついじゅうせいがんきゅううんどう)トレーニング

動くものや線などの対象物を目でゆっくり追うトレーニングです。
問題としては、線をたどる「線めいろ」、線をなぞる「線なぞり」などがあります。

跳躍性眼球運動(ちょうやくせいがんきゅううんどう)トレーニング

ある点からある点へジャンプするようにすばやく目を動かすトレーニングです。
問題としては、ランダムな数字を順番に目で追う「数字さがし」やひらがな文字を追う「文字探し」、「ナンバータッチ」などがあります。

両眼のチームワークトレーニング

両目をそろえて動かすトレーニングです。
寄り目と離し目を繰り返す「3Dビジョン」などがあります。

眼と体のチームワークトレーニング

目と体を連携させて動かすためのトレーニングです。
絵と同じ指を立てる「指立て体操」、矢印を見て手を動かす「矢印体操」、絵を見てポーズする「まねっこ体操」などがあります。

 

無料で使用できる!
「メノコト365」のビジョントレーニングをご紹介

実際に「メノコト365」ビジョントレーニングをやってみましょう!
今回は<初級編>です。

1.跳躍性眼球運動初級
「数字さがし-丸に入る数字50を追ってみよう-」

跳躍性眼球運動初級の画像

大きさが違う丸の中の数字50を順番に追う「数字さがし」です。
初心者でもできる簡単なトレーニングです。

▼詳しいトレーニング方法はこちら
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「数字さがし-丸に入る数字50を追ってみよう-」

2.追従性眼球運動初級
「線めいろ-同じマークを目でつなごう-」

追従性眼球運動初級の画像

同じマーク同士を結ぶ線を目で追って、つなぐ「線めいろ」です。
マークは3種類。シンプルな線なので、簡単な初級編です。
小さな子どもでもすぐにできますよ。

▼実際に挑戦したい方はこちら
ビジョントレーニング追従性眼球運動初級「線めいろ-同じマークを目でつなごう-」

3.跳躍性眼球運動初級
「ひらがな表-声に出して読もう-」

跳躍性眼球運動初級の画像

表の中に並ぶひらがなを一文字ずつ目で追う「ひらがな表」です。
目で追いながら、声に出して読むのがポイント。

▼実際に挑戦したい方はこちら
ビジョントレーニング跳躍性眼球運動初級「ひらがな表-声に出して読もう-」

4.眼と体のチームワーク初級
「グー・チョキ・パーのトレーニング-同じ形がだせるかな-」

眼と体のチームワーク初級の画像

じゃんけんのイラストを見てすばやく反応し、自分の手を動かすという運動。

▼実際に挑戦したい方はこちら
ビジョントレーニング眼と体のチームワーク初級「グー・チョキ・パーのトレーニング-同じ形がだせるかな-」

5.眼と体のチームワーク初級
「方向体操-開いてるのはどっち?-」

眼と体のチームワーク初級の画像

視力検査で使うような一部分だけ切れている輪っかを見て、どの方向が切れているかを指し示していくという運動。

▼実際に挑戦したい方はこちら
ビジョントレーニング眼と体のチームワーク初級「方向体操-開いてるのはどっち?-」

 

まとめ

今回は、初級編の5つをご紹介しました。
今後も中級、上級と更新していきますので、メノコト365のビジョントレーニングを楽しみにしていてくださいね!

※ 本サイトにおける各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。
個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

 

【参考】
※北出勝也監修(2015)『発達の気になる子の 学習・運動が楽しくなる ビジョントレーニング』ナツメ社.

※北出勝也(2009)『学ぶことが大好きになるビジョントレーニング』図書文化社.

※北出勝也(2020)『米国ビジョントレーナーが教える 眼を動かすだけで1分間超集中法』光文社.

【画像】
ビジョントレーニングシート:監修 北出勝也先生

この記事を書いた人

メノコト365編集部

目の健康に関するあらゆる情報を発信しています。子どもたちが健やかな目で生活できるように、小さなうちから正しい健康習慣を身につけてもらうための健育イベントを開催するなど、目の健康について意識を高めるきっかけになることを願い様々な活動をしています。

こちらの記事もおすすめ