目のご利益スポット

【中部:石川】聖武天皇も治療に使った池 石川県・御手洗池

御手洗池の様子

能登半島のど真ん中に位置する、七尾市。

七尾市は日本でも珍しい海の温泉が湧き出る「和倉温泉」、ブリやカキや蟹などの冬の海産物が豊富な街です。
そんな七尾市に、かつて眼病の治療に使われた池があります。

今回は、「御手洗池(みたらしいけ)」をご紹介します。

 

御手洗池について

ボコボコと水泡が湧き出ている御手洗池

のと鉄道「田鶴浜」駅から車で約5分。御手洗池のある赤蔵山に到着します。
森の中を進んでいくと、目の前に幻想的な景色が広がっている「御手洗池」があります。
その昔、聖武天皇の皇子が眼病を患った際、この池の水を眼病治療に使ったといわれていることから、眼病に良い水として知られていたといわれています。
戦国時代、戦いに敗れた武将がこの池に愛馬と共に入水したところ、そのまま池に姿を消したといわれています。
その後、元旦の未明に愛馬が付けていた赤い鞍だけが水面に浮き上がったのだとか。
その様子から、ここの地名は「赤蔵」と付けられ、御手洗池のある山も「赤蔵山」と呼ばれるようになりました。

御手洗池の水面をよくみてみると、ボコボコと水泡が湧き出ています。
なんでも、池の底からは毎日600トンリットル余りもの水が湧き出ているといわれ、その水は現在も、生活用水や農業用水として使用されています。
※現在、池の水で目を洗うことは出来ません。

昭和60(1985)年に全国名水百選にも選ばれている「御手洗池」。
池の畔に休憩所が設けられているため、憩いの場として多くの人々がこちらを訪れます。

神秘的な空間に包まれた「御手洗池」で、ひとときの時間をすごしてみてはいかがでしょうか。

 

>アクセス
のと鉄道「田鶴浜」駅から徒歩約40分(車で約5分)

>住所
石川県七尾市三引町

>お問い合せ
0767-53-8424(七尾市役所産業観光振興課)

>備考
【見学】無料
【見学時間】自由

この記事を書いた人

メノコト365編集部

目の健康に関するあらゆる情報を発信しています。子どもたちが健やかな目で生活できるように、小さなうちから正しい健康習慣を身につけてもらうための健育イベントを開催するなど、目の健康について意識を高めるきっかけになることを願い様々な活動をしています。

こちらの記事もおすすめ