目の症状や病気と予防・治療法

外れない!お手入れ不要のコンタクトレンズICLとは?

コンタクトレンズを入れる女性

ICL、というものを皆さんはご存じでしょうか。正式名称をImplantable Contact Lensといい、「眼内コンタクトレンズ」を挿入する、手術による視力矯正方法の一つとして注目されています。

今回はほかの視力矯正方法との違いを含めてICLについて詳しく紹介します。

ICLとは


ICLとは、「眼内コンタクトレンズ」という名の通り、眼球の中にレンズを入れることで眼鏡やコンタクトレンズに頼ることなく視力を矯正する視力矯正手術のひとつです。

使用するレンズはソフトコンタクトレンズに似た生体適合性の高い素材で出来ており、虹彩と水晶体の間に挿入します。目の中にレンズを入れるので日常生活で外れる事もありません。

手術方法は目薬タイプの麻酔を点眼し、角膜に少しだけ切り込みを入れます。そして切開した部分から長細く筒状に折りたたんだレンズを挿入します。広がったレンズを虹彩の下で固定し、終了です。

ところで、手術での視力矯正方法といえばレーシック手術が有名ですよね。どちらも手術を行う点では同じですが何が違うのでしょうか?

レーシックとは

ICLとレーシックの違いを述べる前にまず、レーシックとは何でしょうか。

公益社団法人日本眼科医会のホームページを見ると「レーシックとは、角膜をエキシマレーザーで削り、角膜のカーブを変えることによって屈折異常を矯正する手術方法の一つです。角膜をレーザー光線で削る前に、角膜表面にフラップを作る方法を特にLASIK(レーシック)と呼びます。」と書かれています。

つまり簡単にいうと、角膜の表面を薄くめくって「フラップ」と呼ばれる蓋を作り、中の角膜を削ってその上に「フラップ」を戻し、視力矯正を行うのがレーシックという手術方法です。

レーシックとICLの違い

レーシックは角膜のカーブを削る事で屈折異常による視力を矯正します。しかし、ICLは目の中にレンズを入れる事で視力を矯正するので角膜を削る事はありません。また、レーシックでは28㎜程角膜を切らなければなりませんが、ICLはレンズを挿入するため3㎜程しか切らなくて済むようです。

レーシックのデメリットとメリット

実は、角膜を削るという行為は近視の戻りというデメリットを生み出す可能性があります。治療を受ける前の近視の度合いや角膜を削る量によってその可能性が高くなります。

他にも、
・角膜を削るため元に戻す事が不可能
・術後の進行を止めることができない
・老眼の矯正は不可
・ドライアイになりやすい
というようなデメリットが挙げられます。

ここまでレーシックのデメリットを挙げましたが、メリットもあります。

一番大きいメリットは眼鏡やコンタクトレンズから開放される事でしょう。眼鏡をかけている時の煩わしさやコンタクトレンズ着用時の異物感・乾燥に悩まされずに視力が良くなるのは嬉しいですね。また、広く普及している治療方法で、比較的費用が安く済むのもメリットの一つです。

ではICLのメリットとデメリットは何でしょうか。

ICLのデメリット・メリット

ICLのデメリット

1.レンズを作るのに時間がかかる
ICLで使用するレンズは検査結果に基づき、一人ひとりの度数にあったオーダーレンズを用いるため国内にレンズの在庫がない場
合、1~3ヵ月程時間がかかる場合があります。

2.治療のための費用が高い

3.年齢制限が設けられている
ガイドライン上の適応年齢は、18歳以上老眼年齢までとされています。若過ぎると、その後に近視が進んでまた視力が低下してしまうことがありますので、成人になり、なおかつ、1年以上、近視の度が変わっていないことが望まれます。また、年齢の上限ですが、老眼がまだ出ていない頃、つまり40代半ばまでです。

ICLのメリット

1.長期に渡って近視の戻りが少ない
角膜を削ることが無いため近視の戻りが発生する可能性は低くなります。

2.レーシック不適応な強度の近視の方でも対応可能
日本眼科学会のガイドラインでは、強度近視(-10D以上)のレーシック治療は禁止されていますが、ICL(眼内コンタクトレンズ)は強度近視の方も対応可能です。

3.角膜を削らない
角膜を削ることが無いため、見え方の質が良く術後ドライアイのリスクが少ないのです。

4.将来目の病気になっても治療の選択肢が狭まらない
角膜を削らずレンズを挿入するという方法のため、万が一何か問題が起きてもレンズを取り出し、元の状態に戻す事が出来るため、治療の選択肢が狭まることはありません。

5.レンズの手入れが不要
レンズは交換の必要が無いため長期に渡って安定した視力を維持出来ます。

「ICLとは何か」を簡単に説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

眼内にコンタクトレンズを挿入する、という方法で眼鏡の煩わしさやコンタクトレンズの不快感、レーシック治療を行って起きるデメリットを解決出来ます。今後さらにどのような進化を遂げるのか楽しみですね。

 

【参考資料】
厚生労働省認定先進医療実施施設 新宿近視クリニックホームページhttps://www.sbc-lasik.jp/care/icl/

ICL研究会 ホームページ
https://icl-japan.net/about/

名古屋アイクリニック ホームページ
https://www.lasik.jp/

公益社団法人日本眼科医会ホームページhttps://www.gankaikai.or.jp/important/lasik.html

 

この記事が役に立った・ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをお願いします!

この記事を書いた人

メノコト365編集部

目の健康に関するあらゆる情報を発信しています。子どもたちが健やかな目で生活できるように、小さなうちから正しい健康習慣を身につけてもらうための健育イベントを開催するなど、目の健康について意識を高めるきっかけになることを願い様々な活動をしています。

こちらの記事もおすすめ