ざわちんの「目を美しく!Beauty Eye講座」イベントレポート!プロによるメイク体験に感激

  • 戸田 友里
  • 編集部員

SHARE!

  • twitterで共有する
  • facebookで共有する
ざわちんにメイクをしてもらう戸田編集部員の写真

5月25日(土)に行われたアンチエイジングフェア in Osaka 2019、「目を美しく!Beauty Eye講座。何と、ものまねメイクファンタジスタざわちんさんによるメイクアドバイスを、メノコト365編集部員の戸田が体験させていただくことに!

今回はその模様をレポートさせていただきますね。

ざわちんさんの登場に会場は一気にヒートアップ!

ざわちんさんとブルブルくんの写真

メイク術に定評のあるざわちんさんのメイクイベントということで、30〜50代の女性を中心に会場には多くの方が来られていました。舞台袖で待機する私もドキドキ…。

そこに登場される、ざわちんさん! 会場は大きな拍手に包まれました。「これから、ざわちんさんがどんなメイク術を見せてくれるのか?」「どんな話が聞けるのか?」とワクワクされている様子が伝わってきます。

アラフィフ戸田の悩み「ぼやける目元」をざわちんさんはどう解決?

メイクするざわちんさんの写真

まずは、「年齢とともに目元がぼやける」「明るい色のアイシャドーを使ってみたいけれど自信がない」と、私の悩みをお話しすることからスタート。さて、ざわちんさんは、どんなアドバイスをしてくださるのでしょうか…。

目元をハッキリさせるために欠かせないのがアイライナー!

ぼやけた目元には、まずアイライナー。まつ毛のすき間を埋めるように引いていきましょうと教えていただき、戸田がチャレンジ。しかーし、普段からアイライナーに慣れておらず、しかもこんなに多くの皆さんの前で化粧をするなんて初めてのこと。緊張で手が震えてうまくいきません…。

すると見かねたざわちんさんが、描いてくださったんです! 使うのはリキッドタイプよりペンシルタイプが良いそうです。まぶたがやせてくると描きにくいので、まぶたをひっぱるのではなく、少し押すような感じで書くと良いとアドバイスしていただきました。さすがプロに引いてもらったアイライン、とても自然な仕上がりでありながら、目元がくっきりした感じです。

淡いピンクのアイシャドーなんて何年ぶり!?

明るい色のアイシャドーというリクエストに、ざわちんさんが選んでくださったのは淡いピンク色。自分でリクエストしておきながらピンク色って若い人のイメージだけど大丈夫かしら…と正直思っちゃいました。

実際は、明るいピンクはアイホール全体に入れ、まぶたの二重より少し幅広くブラウンを入れるというやり方。ピンクで目元が華やかになると同時に、ブラウンで引き締められるというわけ。キレイに仕上がって目元が明るくなり、大満足でした! メイクが苦手な私でもできる方法を教えていただけて、とってもうれしかったです。

ざわちんさんへの質問コーナーも大盛況!切実な悩みも続々

質問に答えるざわちんさんの写真

デモンストレーションが終わったあとは、皆さんからの質問にざわちんさんが答えてくださるコーナーが始まりました。緊張から解放された戸田も、皆さんと一緒にお話を伺いました。

年齢にまつわる悩みの代表である、ほうれい線のカバーのしかたや、意外と難しいリップの塗り方など、たくさんの質問に笑顔で的確にお答えくださるざわちんさん。お話しされるたびに、皆さんのうなずきもどんどん大きくなっていきます。

質問者の熱気が伝わったのか、ざわちんさんの楽しいトークも弾み、会場が一体となる有意義な時間を過ごさせていただきました!

女子プロ野球選手とともに「メノコトアドベンチャー」にも参加!

ざわちんさんと京都フローラの女子プロ野球選手の写真

「Beauty Eye講座」終了後は、目を鍛えるメノコトアドベンチャーにも参加されたざわちんさん。女子プロ野球、京都フローラの田中亜里沙選手(左)、植村美奈子選手(右)と一緒にゲームをされていました。

舞台を見ていた私に気づいてくださった方から「ざわちんさんのメーク、見ましたよ。私たちでも簡単にできそうなことでしたよね。」「お悩み、同じです。明るい色とか使えるんですね。」など声をかけていただきました。皆さんに共感いただけてほっとしました。

素敵だった、ざわちんさん!美しさの秘訣を学べて大満足♪

ざわちんさんと田中亜里沙選手と植村美奈子選手の写真

「ざわちんさん、キレイな人ですよね。近くで見てどうでした?」と聞かれたときには、陶器のようなツルツルの肌にうっとりしましたとお答えすると、「やっぱりね~」というふうに大きくうなずかれていました。

ご本人の美しさに裏付けされたメイクテクニック。ワンポイントアドバイスも説明が分かりやすく、メイクが苦手な戸田でもできる方法でした。アンチエイジングって簡単じゃないと思っていましたが、時間やお金をかけなくてもメイクという魔法でなりたい自分に近づけることを実感できました。

メイクは顔をキレイに見せてくれるだけでなく、気持ちもワクワクさせてくれます。それを教えてくださったざわちんさんには、感謝の気持ちでいっぱいです! メイクを通してできる顔と心のアンチエイジング、皆さんもチャレンジしてみませんか?

 

■「メノコト365イベント」が気になる方はこちらもチェック!
「メノコトアドベンチャーinわかさEXPO」目を鍛えるためのゲームを体感!
Let’sチャレンジ!目を守る「メノコト体操」

この記事を書いた人

編集部員

戸田 友里

わかさ生活プロアドバイザー室勤務。お客様の健康相談対応のほか、小学校、幼稚園、企業、医療機関での勉強会、セミナーで講師を務め、全国に目の健康の大切さを啓蒙している。

記事一覧を見る

ざわちんにメイクをしてもらう戸田編集部員の写真

ざわちんの「目を美しく!Beauty Eye講座」イベントレポート!プロによるメイク体験に感激

お友達に記事をシェア

  • twitterで共有する
  • facebookで共有する
ざわちんにメイクをしてもらう戸田編集部員の写真

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

メノコト365の最新情報をお届けします。