アレルギー性結膜炎

目の病気

アレルギー性結膜炎とは?

目の構造結膜とは、白目の部分を覆う眼球結膜と、まぶたの裏側を覆う眼瞼がんけん結膜で構成される薄い膜のことです。
ここに外から様々な異物(アレルゲン)が飛び込んできて、体が過剰に反応し、抗体を作ることでアレルギー症状が起きます。
結膜は直接空気と接しているので、特にアレルギー症状を引き起こしやすいといわれています。
このように結膜でかゆみや充血、ゴロゴロとした異物感、目やに等のアレルギー症状が起きることを、アレルギー性結膜炎といいます。
目の構造

アレルゲン

アレルギー性結膜炎の原因は?

いろいろなアレルゲン

いろいろなアレルゲン

目のアレルギーを引き起こすアレルゲンの代表的なものとしては、花粉や、ハウスダストと呼ばれるホコリ・ダニ・カビ・動物の毛などがあります。花粉症のように毎年同じ季節になるものを、季節性アレルギー性結膜炎といいます。ハウスダストによる目のアレルギー症状は花粉症と違い、季節に左右されず一年中発症するため、通年性アレルギー性結膜炎といいます。近年では特にハウスダストによる通年性アレルギー性結膜炎が急増し、問題になっています。

いろいろなアレルゲン いろいろなアレルゲン

アレルギー性結膜炎の症状は?

アレルギー性結膜炎になると、目のかゆみ・充血・ゴロゴロとした異物感・目やになどの症状が出てきます。

アレルギー性結膜炎の予防法は?

アレルギー原因物質から身を守るのが最大の予防です。

花粉対策として

花粉対策
  • ●外出の時はゴーグル型の眼鏡や花粉症用のマスクを着用しましょう。
  • ●うがいや洗顔で、付着した花粉を洗い流しましょう。
  • ●家の窓を閉め、洗濯物や布団は窓際の日の当たる場所で干しましょう。
花粉対策

ハウスダスト対策として

フローリングの掃除
  • ●じゅうたんは使わずに、できればフローリングの部屋にし、 こまめに掃除をしましょう。
  • ●通気を良くして湿度を下げると、ダニの活動はにぶくなります。
  • ●ふとんやカーテンは丸洗いしましょう。またペットの毛はアレルギーを起こしやすいので、特に注意が必要です。
フローリングの掃除

その他の注意点

  • ●コンタクトレンズの汚れで症状が出ることがあるので、毎日お手入れを欠かさないようにしましょう。
  • ●目薬での洗眼の際には、まぶたやまつ毛の花粉が目に入らないように、あらかじめ洗眼して花粉を洗い流してから、点眼しましょう!

出典:目と健康NO.29創新社、三和化学研究所より引用

目の病気一覧へ

注目のワード