目のご利益スポット

【中部:福井】眼鏡の聖地・福井県 めがねミュージアム

めがねミュージアムの内装

福井県は、日本におけるめがねフレーム生産90%以上のシェアを誇る、「めがねの産地」です。
特に、福井県のほぼ中央に位置する鯖江市は、「めがねのまち」として有名です。

今回は鯖江市のめがねの秘密を探るべく、「めがねミュージアム」を訪れました。

 

めがね作りの始まり~Made in Sabae~

めがねづくりの様子

福井県で「めがね作り」が始まったのは、明治38(1905)年のこと。
福井県といえば日本でも有数の豪雪地帯で、鯖江市も大雪に見舞われる地域です。
冬の農閑期に何かできることはないかと、地域の豪農・増永五左衛門(ござえもん)が「めがねの枠作り」に着目。当時、めがね作りが盛んであった大阪や東京から職人を招き、農家の副業として広めたことが始まりといわれています。

鯖江の農家を中心に始まった「めがね作り」。生産が進むに連れ、めがねのパーツごとに分業が行われるようになると、農家の人だけでなく、町全体が「めがね作り」に携わるようになっていったのだとか。
第二次世界大戦後は、セルロイドフレームやサングラス、そしてチタン金属フレームの登場などでめがねの需要が広まり、昭和58(1983)年には世界で初めて、軽くて丈夫なチタン製めがねの開発・生産が行われると、その品質の良さが海外にも広まっていきました。

 

鯖江のめがねの魅力がつまった「めがねミュージアム」

めがねミュージアムの内装

世界中に品質の良さが知られるようになった「鯖江のめがね」。

鯖江市産のめがねをもっと世界中に知ってもらおうと、地元のメーカー20社以上が参加し、産地統一ブランド「THE 291(ザ ふくい)」を創設され、平成22(2010)年には産直店・体験工房・CAFE・博物館を兼ね備えた「めがねミュージアム」が開館しました。

1階には鯖江市産や福井県産のめがねが取り扱われている直営店「めがねShop」やめがね作りが体験できる「体験工房」があり、2階の「MUSEUM CAFE」では鯖江市内のケーキ屋さんから取り寄せたスイーツが堪能できます。
そして1階の「めがね博物館」では、鯖江市のめがねの歴史や生産現場、様々なめがねの展示が行われています。

 

めがね供養

供養されためがねの展示

めがねミュージアムでは、毎年秋に「めがねフェス」が開催され、初日には『めがね供養』が行われます。
めがねミュージアムには全国から使わなくなっためがねがたくさん届けられ、当日にはそれらのめがねの供養が行われます。
供養されためがねで利用が可能なものは、鯖江王山ライオンズクラブを通じて発展途上国に送られ、めがねを必要とする人へ寄贈されます。

 

めがね供養に寄せられた喜びの声

ミュージアムの展示物

夫を亡くしたある女性からは、「亡き夫のメガネをどのように整理したら良いかわからなかった時、「めがね供養」の事を知った。
供養頂ける事や再利用可能なメガネは、発展途上国に寄付して頂けるので、心の整理もできました。
ありがとうございました」という感謝の手紙が届いたとのこと。

毎年秋には「めがねフェス」が開催され、そこではめがねの販売はもちろんのこと、ワークショップ、めがねスイーツや料理の販売、特設ステージではめがねをかけた人たちによる演奏など、お楽しみ要素が盛りだくさんのイベントが予定されています。

「Made in Sabae」のルーツを学びに、「めがねミュージアム」を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

>アクセス
JR「鯖江」駅より徒歩約10分、北陸自動車道「鯖江」ICより車で約2分

>住所
福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館

>お問い合せ
0778-42-8311

>URL
http://www.megane.gr.jp/museum/

>備考
【入場料】無料
【営業時間】10:00~19:00(めがねショップ)、10:00~17:00(めがね博物館・体験工房・SabaeSweers・MUSEM CAFE)
【定休日】年末年始

この記事を書いた人

メノコト365編集部

目の健康に関するあらゆる情報を発信しています。子どもたちが健やかな目で生活できるように、小さなうちから正しい健康習慣を身につけてもらうための健育イベントを開催するなど、目の健康について意識を高めるきっかけになることを願い様々な活動をしています。

こちらの記事もおすすめ