ブルーベリーが目に効果があるのは噓か本当か?根拠があるのか検証してみた!

  • 大江 絵美
  • 編集長

SHARE!

  • twitterで共有する
  • facebookで共有する
ブルーベリーとメガネの写真

ブルーベリーが目に良いという話を、皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。でも実際のところ「誰から聞いたの?」「どこで知ったの?」というとよく分からない、「迷信かも」と疑っている人もいるかもしれませんね。

最近は、「ブルーベリーが目に効果があるという根拠はない、だからデマなのだ」という声をちらほら耳にすることも…。はたして実際のところはどうなのか? 研究論文などの科学的根拠を元に検証してみたいと思います。

ブルーベリーが「目に良い」は嘘か本当か?

ブルーベリーが目に良いという根拠があるのかという観点からすると、実は「ブルーベリーを食べることが目に良い」という研究はほとんどありません。なぜかというと、ブルーベリーと一言で言っても150種類以上もの品種があり成分含有量もさまざま。ブルーベリー全体での研究は難しいからです。

「ブルーベリーが目にいいなんて、やっぱり嘘じゃない…」と思われたかもしれませんが、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」が目に良いといわれ、研究されていることは事実です。

この「アントシアニン」を一般栽培種のブルーベリーの約5倍も含んでいるのが、北欧産野生種のビルベリーです。だからアントシアニンと目の関係を研究される際に使われるのはビルベリーである場合が多く、サプリメントの原材料もビルベリーエキスが一般的。アントシアニンが注目されている結果、ブルーベリーの中でも、ビルベリー中心に進んでいるということなのです。

現在までに分かっていることをまとめると、

・ブルーベリー(ビルベリー)に含まれるアントシアニンと目の研究は進められており、研究結果も出ているためサプリメントとして商品化されている事が多いと考えられる。

・「ブルーベリーが目に良いか」と聞かれると本当だと言い切れる科学的根拠はないが、「ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良い」という研究はある。
ということです。

では、そもそもブルーベリーと目の関係が注目され、研究が行われるようになったきっかけは何だったのでしょうか。

「目に良い」といわれるようになったきっかけはイギリス軍パイロットのブルーベリージャムの話

実は第二次世界大戦時、イギリス空軍のパイロットが「ブルーベリージャムを大量に食べていたことで、暗闇でも敵の飛行機がよく見えた」と証言したことが発端といわれています。

ただ、この説に関しては「実はブルーベリーではなくニンジンだった」「情報漏洩を防ぐためのデマだった」などという説もあり、本当のところはよく分かっていないようです。

イギリス空軍の話の信ぴょう性は別として、その後1960年代頃からブルーベリーと目の関係の研究が行われていたのは確かです。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良いという最初の研究?1968年の論文とは

ブルーベリーと目の関係の研究にあたって注目されたのが、アントシアニンです。アントシアニンは青紫色の天然色素で、抗酸化力があるといわれています。

そのアントシアニンがロドプシンの再合成を促進すると発表した論文(※1)は何と今から50年以上も前の1968年に発表されました。

ロドプシンとは、網膜にある暗いところでの視力を担っている桿体細胞(かんたいさいぼう)の中にある色素体です。ロドプシンは光の信号を受けると瞬時に分解され、すぐに合成するというのを繰り返し、光の情報を電気信号に変えています。

しかし、目をあまりにも酷使してしまうと再合成が追いつかなくなり、見えにくくなってしまいます。例えばうす暗い場所で本を読んだりテレビを見たりすると、だんだん見えづらくなってきた…というのは、このロドプシンの再合成がうまくいっていない状況と考えられます。

そんなロドプシンにアントシアニンが作用し、ロドプシンの再合成を促進するとしたのが、先に紹介した論文だったというわけです。

アントシアニンは目の病気などに対して作用があるという基礎研究

研究室の写真

アントシアニンが目に良いのでは? と注目されるようになってから、ビルベリーエキスと目に関するさまざまな研究が行われてきました。その中から、日本で行われた目の病気に関連した2つの研究を紹介しましょう。

網膜神経節細胞にダメージを与えたモデルマウスにビルベリーエキスを投与したところ、ダメージが軽減され、ビルベリーエキスには網膜神経節細胞の保護作用があることが示されたというもの(※2)。

もうひとつは、現在、日本の中高年の失明原因の上位となっている、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性などに見られる血管新生という症状のモデルマウスを使った研究です。該当マウスに事前にビルベリーエキスを投与したところ、血管新生の抑制を確認。細胞実験では、新たな発生を抑制する作用もみられました(※3)。

ブルーベリーが「目の視力回復に効果がある」って本当?

このようにブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良いという研究は、50年も前から行われており、視細胞に働きかける、目の健康維持に貢献するのではないか、病気を抑制するのではないかなど、目に対するさまざまな可能性が示されてきました。

こうした研究結果により、「ブルーベリーが目に良い」というイメージが人々の中に浸透していく中、「目に良い=視力回復にも効果があるのでは?」といった誤解が、まことしやかに広まってしまった可能性はありそうです。

アントシアニンの研究は数多く行われているものの、「視力回復に効果があった」と断定できる研究結果はまだないようです。

基礎研究だけではない?最近広まりだしたビルベリー由来アントシアニン摂取によるヒト臨床試験

これまでビルベリー由来アントシアニンのヒト臨床試験は、眼疾患に対する予防効果が一般的でした。しかし、2015年4月より新たに始まった「機能性表示食品制度(※4)」により、機能性表示食品では病気に触れる内容を表示できない決まりになりました。そこで、同制度の表示可能な内容をふまえ、病気まではいかないけれど目の疲労にどんな作用があるのかといったことを検証した臨床試験が増えてきました。

機能性表示食品とは、事業者側が有効性と安全性の書類をきっちりそろえて、消費者庁に届出をして受理されるものです。そのため「有効性」を示すために、各企業が率先してヒトによる試験を行うようになったのです。

スマホやパソコンによる「目の疲れ」とビルベリーの研究が進行中

スマホやパソコンが生活に浸透している今、機能性表示食品制度が始まったこともあり、VDT作業(パソコンなどディスプレイを持つ機器を使って作業すること)による目の疲れとビルベリーの関係の研究も増えています。

例えば、ビルベリーエキスを1日160㎎、4週間摂取させるという研究では、VDT作業によって起こる一過性の自覚症状、「目が痛い」「かすむ」などといった症状を感じにくくなったと報告(※5)。また、ビルベリーエキスを1日480㎎、12週間摂取させたところ、VDT負荷が原因の慢性および急性のいずれの眼精疲労自覚症状に対しても、軽減効果が示唆された(※6)といった研究です。

目の疲れに関しては実験装置などで数値化することができないため、被験者のアンケートに頼ることになりますが、多くの研究により、ビルベリー由来のアントシアニンが、VDT作業による目の疲れに有効であることが報告されているようです。

ブルーベリーにも含まれるアントシアニンの目への効果は多数の研究で示されている!しかしメカニズムの解明はまだ途中

実際のところ、ブルーベリーの野生種であるビルベリーに含まれるアントシアニンが「目に効果がある」という基礎研究は数多く行われていました。またヒトによる臨床試験により、VDT作業による目の疲れに良いという可能性があることも分かってきました。

ブルーベリーが目に良いか悪いかでいえば、その中に含まれる成分アントシアニンが「目に良い」というのは本当。ただ、そのメカニズムについてはまだ不明な点も多いようです。今後は、ヒト臨床試験の結果をもとにメカニズムが解明されていくことを期待したいものです。

 

■「ビルベリー」について知りたい方はこちらもチェック
ビルベリーエキスがパソコン作業時の目の疲労感を抑えてくれるってホントなのか?3つの研究論文から解説

■「ブルーベリー」についてもっと知りたい方はこちらもチェック
ブルーベリー成分の健康効果や効能とは?最近の研究もまじえて紹介

 

※ 本サイトにおける各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【参考】
※1 : Bastide P, Rouher F, Tronche P. [Rhodopsin and anthocyanosides. Apropos of various experimental facts]
※2 :Matsunaga N, Imai S, Inokuchi Y, Shimazawa M, Yokota S, Araki Y, Hara H.Bilberry and its main constituents have neuroprotective effects against retinalneuronal damage in vitro and in vivo. Mol Nutr Food Res. ;53(7):869-77.2009.
※3 : Matsunaga N, Chikaraishi Y, Shimazawa M, Yokota S, Hara H.Vaccinium myrtillus (Bilberry) Extracts Reduce Angiogenesis In Vitro and In Vivo.Evid Based Complement Alternat Med. 2007.
※4 : 消費者庁|機能性表示食品とは
※5 : VDT作業負荷による眼精疲労自覚症状 および調節機能障害に対するビルべリー果実由来アントシアニン含有食品の保護的効果
※6 : ビデオディスプレイ端末光への曝露に起因する眼精疲労自覚症状に対するビルベリー果実抽出物含有食品の保護的効果

この記事を書いた人

編集長

大江 絵美

わかさ生活みらい研究所研究員。健康食品管理士。岐阜薬科大学薬効解析学研究室に4年間出向し、眼のこととビルベリーの健康効果についての研究を行ってきたスペシャリスト。眼のこと、サプリメントの素材について新しい研究や調査を行っています。

記事一覧を見る

ブルーベリーとメガネの写真

ブルーベリーが目に効果があるのは噓か本当か?根拠があるのか検証してみた!

お友達に記事をシェア

  • twitterで共有する
  • facebookで共有する
ブルーベリーとメガネの写真

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

メノコト365の最新情報をお届けします。