見える仕組みとアントシアニン

目の仕組み

私たちはどうして“見る”ことができるのでしょうか?

人はロドプシンの分解と再合成を繰り返すことにより「見える」と感じています。

見える仕組み

  1. 光が網膜にあたるイメージ①目に入ってきた光が網膜にあたります。
  2. ロドプシンが光の情報を受け取る図②網膜にあるロドプシン(視紅)という紫色のたんぱく質が光の情報を受け取ります。
  3. ロドプシンが分解される図③ロドプシンは分解されて、光の情報を電気信号に変えます。
  4. 脳のイメージ④電気信号が脳に伝わることにより“目が見える”と感じます。
  5. ロドプシンの再合成イメージ⑤ロドプシンが元に再合成されることにより、新たな光の情報を受け取ることができます。この再合成が遅れると目がショボついたり、ぼやけたりします。
  6. アントシアニンがロドプシンの再合成を助けるイメージ⑥ビルベリーのアントシアニンはこのロドプシンの再合成を助けます。
ビルベリーに含まれるアントシアニンはこのロドプシンの再合成を助ける働きがあります。
しかし、パソコン、ゲーム、スマートフォンなどで目を使いすぎたり、年齢を重ねていくとこのロドプシンが減ってしまうため、見づらくなったりぼやけて見えたりするようになってしまいます。

ビルベリーに含まれるアントシアニンには、このロドプシンの再合成を助ける働きがあります。

疲れや年齢でロドプシンを元に戻す力(再合成)は衰えていくんだ。

アントシアニンはロドプシンの再合成を助けてくれるんだね。

 

ビルベリーに含まれる
アントシアニンは
目を酷使しがちな現代生活を助ける
健康パワーです。

目の仕組み一覧へ

注目のワード