糖尿病網膜症

目の病気

糖尿病が原因で視覚障害の恐れも

糖尿病は血糖値が上がる病気として有名ですが、実は糖尿病になると目の網膜が悪くなり、進行すると視覚障害の危険が高まります。
網膜には毛細血管という、とても細い血管がたくさんあります。

目の構造 網膜の拡大図目の構造 網膜の拡大図

目は体の中で、血管の状態を肉眼で調べることができる唯一の器官であり、
眼科で糖尿病や高血圧などの状態を診ることもできます。

視覚障害の主な原因

視覚障害の主な原因視覚障害になる病気の第1位は緑内障で、糖尿病網膜症第2位
緑内障は70歳代以降に多く、糖尿病網膜症は50~60歳代に多いと報告されています。
視覚障害の主な原因

糖尿病になると血液中の糖が増え、血液がドロドロになってしまいます。
そうなると目の網膜にある細い血管「毛細血管」が切れてしまい、出血をおこして、
ひどいときには失明してしまうのです。

糖尿病による視覚障害を防ぐには、血糖値を上げない食事、栄養バランス、運動がなにより大切です。
近年、ビルベリーなどに含まれるポリフェノールの成分が糖尿病などの生活習慣病を予防し、メタボリックシンドロームを改善する可能性が注目され研究されています。

監修 南青山アイクリニック 理事長 戸田郁子先生

目の病気一覧へ

注目のワード