目の症状や病気と予防・治療法

白内障の手術は日帰りが普通って本当?どんな人でも可能なの?[教えて!川原先生]

手術といえば入院をイメージする方も多いと思いますが、白内障の場合、日帰り手術が一般的になってきています。大きな病院だけでなく各地域にある一般の眼科でも広く行われており、実際に日帰り手術を経験した方が知人にいるということも増えているのではないでしょうか。

ただ、いざ自分がするとなると「本当に日帰り手術で大丈夫なのか?」と心配になる方もいるでしょう。そんな中、メノコト365の読者から「私の場合でも、白内障の日帰り手術はできますか?」という質問をいただきました。

この質問について、眼科医で白内障の治療に詳しい川原先生にお話を聞いてみました。


回答・監修者プロフィール
川原 周平(かわはら しゅうへい)
川原眼科院長。
2003年九州大学医学部卒業後、九州大学病院や国立病院機構「小倉医療センター」で臨床経験を重ね、2016年福岡県の糟屋郡に川原眼科を開院。先進医療認定施設として最先端の白内障や網膜硝子体疾患の手術治療を専門とする。
医学博士。日本眼科学会専門医。ICL認定医。オルソケラトロジー認定医。ボトックス認定医。LASIK(IntraLase)認定医。
川原眼科HP


白内障の手術は日帰りが普通なの?誰でも可能なのか教えてください

【読者から質問】
病院で白内障と診断され、手術をしましょうと医師から言われました。現在は他に目の病気もなく日帰り手術をすすめられたのですが、本当に大丈夫でしょうか? 定年までもう少しなのですが、まだ仕事をしているためできるだけ休みたくないと思っています。高齢で動けないわけじゃないし、足腰も元気です。(60代前半男性)

大江編集長(以下、大江):この方のように、白内障の手術は日帰り可能ですと言われても、本当に大丈夫なのか不安を感じる方は多いと思います。川原先生なら、どのように答えられるでしょうか?

川原先生(以下、川原):白内障の手術は、現在ほとんどが日帰りで行われているんです。日帰り手術が一般的といってもいいでしょう。ですから今回ご質問いただいた方の場合も、担当の医師が問題ないと説明しているようであれば、基本的に日帰り手術で問題ないのではないでしょうか。手術をしたのに、その日のうちに家に帰れるなんて、ちょっと心配…と思われる気持ちも分かるんですけどね。

大江:白内障の手術は日帰りが普通になっているんですね! ただこの方のように日帰り手術に対して少し不安を感じる方はいらっしゃるかと思います。今回いただいた質問内容を元に、白内障日帰り手術の現状を川原先生からご説明いただければと思います。

仕事内容に関わらず日帰りを選ぶのが一般的

大江:この方は仕事をされていて休みたくないということですが、先生のところでも同じような患者さんはいらっしゃいますか?

川原:そうですね。私の病院でも、まだ現役の方は、職場にあまり迷惑がかからないようにしたいからと、日帰り手術を希望されることが多いです。入院手術ですと、最低2〜3日はお休みしていただくことになりますから。

うちの患者さんでデスクワークが基本という方は、日帰り手術をして、翌日から仕事に復帰されることが多いですよ。

大江:そんなに早く復帰できるんですね。体を使うようなお仕事をされている方だと入院での手術を希望されませんか?

川原:仕事内容で入院か日帰りを考えることはありませんよ。当院でも、仕事に関係なく、日帰り手術を選ぶことが普通ですね。ただ、体を使うお仕事、たとえば引越し業をされている方などはさすがに翌日から仕事復帰というわけにはいかないので、数日から1週間程度は様子をみてもらった方がよいです。そのあたりは、手術後の状態をみながら仕事復帰の時期を主治医の先生と相談するという形になります。

80歳、90歳でも日帰りで問題ありません

大江:質問者は60代前半ですが、日帰り手術を考えるときに年齢は関係はありますか?

川原:若いから日帰りとか高齢者だから入院が必要ということも当院ではあまりありません。当院では80歳以上の方はもちろん、90歳を超えた方でも日帰りで手術をされています。

大江:90歳だとさすがに日帰り手術は心配になるのでは?

川原:高齢の場合、手術後の生活を心配される方はいらっしゃいます。高齢で一人暮らしのため、家に帰って自分で家事をするのが心配な人は入院を希望されるケースがありますね。

大江:ご家族の協力があれば問題ないでしょうか?

川原:はい、特に高齢の方はご家族に協力していただいた方がよいですね。また、日帰り手術当日についても誰か付き添いがいる方がよいです。これは年齢関係なく、車や自転車の運転は難しいですし、交通機関を利用する場合も段差などの危険があります。日帰り手術では帰りのことを考えて付き添いの方と来院されることをおすすめします。

日常生活動作(ADL)が多少悪くても日帰りを望まれる方が多い

大江:「足腰は元気、動くのも問題なし」ということで、質問者は体力的にもお若いイメージですが、日帰り手術に体力や足腰の丈夫さは関係ありますか?

川原:私の経験上、関係のないケースが多いです。質問者の方はもちろん問題ありませんが、当院では日常生活動作(ADL)が多少悪くても日帰りを望まれる方が多いですよ。

大江:どれくらいADLが悪かったら日帰りはすすめないなど、例はありますか?

川原:車いすの方でも日帰りでやっていますので、帰宅時に付き添いの方がいらっしゃれば大丈夫でしょう。ただ、よっぽど足腰が悪かったり体の自由が利かず、術後何度も通院するのが困難な人、もしくはご家族の協力が難しくて通院困難な人は入院を望まれる場合があります。

大江:なるほど。術後の通院も想定してお医者さんと相談することが大切ということですね。

【編集長のまとめ】白内障手術は日帰りが普通。術後を考えた医師への相談が大切

読者の質問「白内障手術は本当に日帰りでも大丈夫なの?」に対し、川原先生からは、現在白内障手術においては「日帰りが普通」だと教えていただきました。

仕事内容や年齢、体の状態に関係するというよりも、当日の帰宅や術後の通院方法、ご家族の協力などをちゃんと考えておくことが大切だと分かりましたね。こういったポイントを主治医のお医者さんとしっかり相談しておくと安心ですね。

今回川原先生が教えてくださったことを参考に、ご自身の場合はどちらが良いか選んでいただければと思います。

 

■「白内障」が気になる方はこちらもチェック
白内障の手術をするのにおすすめの年齢ってあるの?[教えて!川原先生]
白内障手術を受けるタイミングはいつ?平均年齢はどのくらい?

 

※ 本サイトにおける各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【画像】
metamorworks / Shutterstock

この記事が役に立った・ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをお願いします!

この記事を書いた人

大江 絵美

健康食品管理士

わかさ生活研究員。岐阜薬科大学薬効解析学研究室に4年間出向し、目のことやビルベリーの健康効果の研究を行ってきました。目のこと、サプリメントの素材について新しい研究や調査を行っています。

こちらの記事もおすすめ