見えづらい方へのお役立ち情報

パソコンやスマートフォンを使いながら目を休めることができる次世代ピンホールメガネ『セラピーグラス』 そのメガネの秘密とは?

次世代ピンホールメガネ『セラピーグラス』

リモートワークやおうち時間が増えたことで、パソコンやスマ-トフォン、ゲーム、読書などの時間が増え、「目が疲れた」や「ピントが合わない」と感じている方も多いと思います。
そんなつらい目の症状が楽になったらいいなと思っている方に朗報です。
今回は、パソコンやスマ-トフォン、ゲームなどで目を使いながら目を休めることができる次世代ピンホールメガネ『セラピーグラス』を紹介します。

ピント調節の仕組み

私たちの目は、近くを見たり遠くを見たりするとき、無意識のうちにピント調節をしています。このピント調節を行っているのが「水晶体」と呼ばれる、カメラではレンズの役割をする部分と、水晶体の厚さを調節する「毛様体筋」です。

水晶体はそれ自体に弾力性があり、毛様体筋という目の筋肉によって厚みを変えることでピント調節を行っています。近くを見るときは毛様体筋が収縮し、水晶体が膨らみ、遠くを見るときは毛様体筋が緩み水晶体が薄くなります。
そのおかげで、近くのものも遠くのものもハッキリ見ることができます。

目の疲れを感じたり、うまくピントが合わせられないときは『セラピーグラス』

長時間パソコンやスマ-トフォンなど近くのものを見続けていると、毛様体筋は収縮した状態が続くために筋肉疲労が起こり、目が疲れたり、うまくピントを合わせられなくなったりします。

そんなときパソコンやスマ-トフォンを使いながら目を休めることができる『セラピーグラス』を使用することで、目の疲れやうまくピントを合わせられないという悩みを解消できるかもしれません。

『セラピーグラス』にはなぜたくさん穴が開いているの?

次世代ピンホールメガネ『セラピーグラス』

『セラピーグラス』はレンズにたくさんの穴が開いているピンホールメガネです。ピンホールメガネとはレンズに開いた小さな穴を通して見ることで、ものがはっきり見えたり、目が疲れにくくなるメガネのことです。

あなたも小さな穴からのぞくと「遠くが良く見えた」といった経験はありませんか。それと同じ原理で、小さな穴(ピンホール)がカメラの絞りの様にピントを合わせてくれるので、毛様体筋にほとんど負担をかけずにものをはっきりと見ることができるのです。
この原理を「ピンホール効果」といいます。『セラピーグラス』はこのピンホール効果を最大限発揮できるよう設計されたメガネなのです。

こだわりの設計

・湾曲した特殊な形状のレンズ
通常のピンホールメガネと違い、『セラピーグラス』のレンズ部分は湾曲しています。この湾曲は顔の形に合わせたもので、正面を見ているときだけでなく、目線を左右にずらしたときにも目とピンホール部分の距離が同じになるように設計されています。

・ブルーライトをカット
デジタル機器の画面から出るブルーライトから目を守るためにブルーライトをカットするレンズを使用しています。

・重さはたったの30g
30gと軽量なので長時間かけていても耳や鼻に負担がかかりません。

セラピーグラスはこんな方におすすめ

実際にセラピーグラスを使っている男性

それでは『セラピーグラス』を使用した方の声をもとにどんな方におすすめなのかを紹介します。

◎パソコンやスマートフォンを長時間使っていると目が疲れ、目の奥の痛みや首、肩のこりに悩んでいたのですが、『セラピーグラス』をつけてパソコンやスマートフォンを見ると文字がはっきり見え、外した後は目の奥の痛みが楽になった感じがします。

◎普段から光を眩しく感じ、スマートフォンやゲームをするときに目の疲れを感じ悩んでいました。しかし『セラピーグラス』をつけると眩しさも抑えられ、目の疲れも楽になったので続けたいと思います。

このように実感された方のお声から、パソコンやスマートフォンなどを長時間使用する方や光を眩しく感じる方、ゲームが好きな方におすすめです。

まとめ

リモートワークやおうち時間に、パソコンやスマートフォン、テレビや読書などによる目の疲れを感じている方はたくさんいらっしゃると思います。『セラピーグラス』を使用することで、パソコンやスマートフォンを使いながら目を休ませることができます。

目の疲れは眼精疲労や体調不良の原因となります。寝ているとき以外は使い続けなければいけない大切なあなたの目を『セラピーグラス』で守ってあげましょう!

 

※ 本サイトにおける各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

この記事が役に立った・ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをお願いします!

この記事を書いた人

山本 旭彦

わかさ生活ヘルスキーパー。網膜色素変性症によって視野が狭くなり、暗いところも見づらい症状をもつ。視覚障がいへの理解、気軽にサポートできる環境を広めようと、「あきひこさんの一日」と称した出張授業を小学校などで継続的に実施しています。

こちらの記事もおすすめ