紫外線が目を傷つける!?リスクを知って目を守ろう

  • 大江 絵美
  • 編集長

SHARE!

  • twitterで共有する
  • facebookで共有する
日傘をさす女性の写真

夏になると紫外線から肌を守るため、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりする方も多いと思います。

日焼けや皮膚ガンなど紫外線が肌に与える影響についてはよく知られていると思いますが、紫外線が私たちの目にどんな影響を与えるのかについては、あまり知られていません。

目は肌と違い、「むき出しの臓器」と言われることもあるくらいなので、肌以上に紫外線が直接あたるリスクを考えるべきではないでしょうか。そこで紫外線について、目に与える影響や、そこから繋がる病気のリスクはどのようなものがあるか紹介してみたいと思います。

目が紫外線を浴びるとどうなるの?

紫外線は波長の長さによって種類が分けられており、波長が短いもの(UV-C)はオゾン層と大気中の酸素分子で吸収されるためほとんど地表に届きません。私たちの目や皮膚に影響を与えるのは波長が長い紫外線(UV-A、UV-B)です。

では、目が紫外線を浴びるとどうなるのでしょうか?

まず、紫外線は私たちの目の表面にある角膜にあたります。

角膜に紫外線があたると、表面の細胞が傷つき痛みが生じたり異物感を感じたり、自覚症状が表れることがあります。

また、紫外線の中には角膜を通過して水晶体に届くものもあります。紫外線は老化と関連する「活性酸素」を体内に発生させる性質を持ち、この活性酸素が水晶体を構成するタンパク質を酸化させると考えられています。このように、水晶体のタンパク質が白く濁る原因のひとつに紫外線があるのです。

そして、角膜や水晶体でガードしきれなかった1〜2%の紫外線は、水晶体の奥にある網膜まで届き、ダメージを与えることもあるのです。

さらに、目が紫外線UV-Bを浴びると肌の日焼けの原因につながるということが国内のマウスを用いた研究結果として報告されています。紫外線によって角膜が炎症を起こすと、脳がこれを検知して、全身のメラニン産生細胞を刺激するホルモンが分泌されるというのです。「目が紫外線を浴びることで肌が日焼けをする」なんて、ちょっとびっくりしますね。

紫外線が引き起こす代表的な目の病気

私たちが意識していないところで、意外と目は紫外線の影響を受けているようですね。

紫外線の強さや浴びている時間によっては、目が深刻なダメージを受け病気になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

紫外線が原因と考えられる目の病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

代表的な3つの目の病気を見ていきましょう。

紫外線角結膜炎(しがいせんかくけつまくえん)

強い紫外線を浴びたことで角膜の表面に細かい傷がつく病気です。

スキー場やスケート場など紫外線の反射が強い場所で起こりやすく「雪目(ゆきめ)」とも呼ばれています。紫外線を浴びている時には自覚症状はありませんが、数時間後に痛みや違和感を感じるのが特徴です。スキー場やスケート場から帰った後に、目がゴロゴロしたり涙が止まらなくなったら、紫外線角膜炎の可能性が考えられます。

白内障(はくないしょう)

白内障は目のレンズの役割を担う水晶体が濁り、見え方の質が低下する病気です。進行すると失明する可能性もあります。

加齢や糖尿病など様々な危険因子がありますが、紫外線も原因の1つといわれています。特に、日本人に最も多く見られる「皮質白内障」は紫外線と関係があるようです。

翼状片(よくじょうへん)

「翼状片」の原因はまだ完全には解明されていませんが、紫外線の影響が示唆されています。

白目の部分の薄い膜が異常繁殖し、黒目の部分に侵食してくる病気です。充血したり、目の異物感を感じたりするなどの自覚症状があります。環境庁によると、農業や漁業従事者など戸外での活動時間が長い人に多発しているため、紫外線が原因の1つと考えられています。

デリケートな目を紫外線から守ろう

むき出しの臓器」である目はとてもデリケート。

だからこそ、普段から意識して肌と同じくらい、もしくはそれ以上に目の紫外線対策を行うことが必要ではないでしょうか。

肌に日焼け止めクリームを塗る時には、ぜひ目の紫外線対策にも意識を向けてみましょう。

 

■「紫外線」について知りたい方はこちらもチェック
いくつ知ってる?目の紫外線対策。やったほうがいいこと&ダメなこと
白内障の原因に⁉︎若い人にも知ってほしい紫外線のリスク

■「光と目の関係」が気になる方はこちらもチェック
高齢者の見えにくさの原因は光の感じ方が弱くなるため?若者とは約4倍もの差が!
睡眠と光の関係を知って、目をいたわろう!
ネットの情報に踊らされないで!ブルーライト論争その後

 

 

※ 本サイトにおける各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。個別の症状について診断、治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【画像】
KPG_Payless/ Shutterstock

この記事を書いた人

編集長

大江 絵美

わかさ生活みらい研究所研究員。健康食品管理士。岐阜薬科大学薬効解析学研究室に4年間出向し、眼のこととビルベリーの健康効果についての研究を行ってきたスペシャリスト。眼のこと、サプリメントの素材について新しい研究や調査を行っています。

記事一覧を見る

日傘をさす女性の写真

紫外線が目を傷つける!?リスクを知って目を守ろう

お友達に記事をシェア

  • twitterで共有する
  • facebookで共有する
日傘をさす女性の写真

この記事を気に入ったら
いいね!しよう

メノコト365の最新情報をお届けします。