目の構造

目の仕組み

目の構造を見てみよう!

目は眼球を中心に成り立っており、その内部にはものを見るための複雑な仕組みがあります。目の奥にある視神経は脳とつながり、映像を伝える役割を果たしています。その中でも大きな役割を持つ目の組織をご説明します。

目の構造

毛様体(もうようたい)

毛様体は、水晶体の周りを取り囲む組織で、水晶体を支えています。毛様体の「毛様体筋」と呼ばれる筋肉がチン小体(チン氏帯)を調整して、水晶体の厚みを変え、光の屈折を変えてピントを調整します。

水晶体(すいしょうたい)

水晶体は瞳孔を通過してきた光を屈折させ、眼底と呼ばれる網膜に像を結ぶ、いわば目の中のレンズの役割を果たしています。水晶体は凸レンズの形をしていますが、透明で弾力性に富み、近くや遠くを見るためにその厚さを変化させます。

硝子体(しょうしたい)

硝子体は、水晶体の裏側の眼球内を満たす透明で99%が水分の流動体です。生卵の白身のようなゲル状の物質で、網膜への光の通り道になっています。眼球を丸く保つとともに、網膜を傷つけないためのクッションの役割も果たしています。

虹彩(こうさい)・瞳孔(どうこう)

目を前から見ると、中心に黒い部分がありますが、これが網膜や視神経に栄養を与え、目の中を暗室にする「瞳孔」です。瞳孔の周りを囲む丸い茶褐色の部分を「虹彩」といいます。瞳孔は光の通り道で、虹彩は瞳孔の大きさを調節し、目に入る光の量を加減する役割を持っています。

角膜(かくまく)

眼球の黒目の部分にある透明の膜です。外の光をとり入れる窓です。

強膜(きょうまく)

角膜に接続し、黒目以外の眼球を覆っています。不透明な白い膜で、白目の部分にあたります。

脈絡膜(みゃくらくまく)【ぶどう膜】

強膜の内側にあり、角膜や強膜とともに眼球をしっかり包み込み、目に酸素や栄養を届ける役割があります。

網膜(もうまく)

網膜は脈絡膜の内側にあり、角膜から入ってきた光を感じて像を結ぶ、カメラでいえばフィルムに相当する部分で、光の情報をとらえる視細胞と視神経がたくさん存在しています。眼底とは網膜の部分をいい、視神経を通じて、最終的には視覚伝道路を通じて脳の視覚中枢へ映像が送られます。

黄斑部(おうはんぶ)

水晶体から入った光が当たる網膜の中央部分で、黄色を帯びています。神経の束が集まっていて、ものを見るためにもっとも重要な部分です。細かいものを見る場合は、この黄斑部で見ています。読書で文字を追って目を動かすのは、黄斑部にピントを合わせているためです。

中心窩(ちゅうしんか)

直径1.5mm程の黄斑部中央のくぼみの部分。視覚がもっとも鋭く、焦点が1mmでもこの部分から離れると視力は0.1になるといわれています。

房水(ぼうすい)

房水は、毛様体から後房に分泌されて前房へ流れ、水晶体や角膜を保護するとともに、活動に必要な酸素と栄養素を補給しています。

前房(ぜんぼう)と後房(こうぼう)

前房は角膜と虹彩の間、後房は虹彩と水晶体の間をいい、いずれも「房水」と呼ばれる”水”で満たされています。

監修 南青山アイクリニック 理事長 戸田郁子先生

目の仕組み一覧へ

注目のワード